フォトブックのススメ

いよいよ写真展が近づいてきましたが、少しだけ話題を変えて…と言っても関係はしてるんですけどね。
フォトブックについて書きたいと思います。

 

フォトブック

写真・カメラ好きの方はもちろん、そうでない方でも旅行や子供の成長記録など写真を撮る機会は沢山あるかと思います。
そうして撮りためた写真、どうしてますか?

デジタルカメラ全盛の昨今だとパソコンやテレビで鑑賞、という方も多いと思いますが、フォトブックを作ってみるのも楽しみ方の一つではないでしょうか。

フォトブックも、かなり一般的になってきたので、すでに活用されている方も多いかと思いますが、商品やメーカーも増えてきて、初めて作られる方は、どれがいいんだろう?って悩むことも多いのではないでしょうか?

 

Photobackって?

今回、取り上げるのは「コンテンツワークス」の「Photoback」という商品群で、一般的なコーティングした写真紙を使うフォトブックと違い、「本」の質感を大事にした一風変わったフォトブックです。

http://www.photoback.jp/

我が家では、毎年子供の誕生日に、それまでの1年分の写真を使い、メッセージを添えて、このPhotobackのBUNKOを作っています。

10265528_647464558677093_7472302197843273953_o

いつか子供が手を離れる時には、まとめて餞別に贈ってあげたいなぁ…という思いです。(正直言うと子供のアルバムを作るのが大変という話もありますが(笑))

作り方は簡単で、Photobackのページから体裁や書式を選び、写真を追加していくだけです。ページの体裁はテンプレートという雛形が用意されているので、割と自由に写真を配置でき、メッセージも入れられます。

 

ちょっとしたコツ

ただ、簡単な反面、少し凝ったことをしたいと思った時にはコツがいります。
先の通り、多種多様なテンプレートはありますが、テンプレートにはない写真や文字の配置はできません。
そんな時にはあらかじめ、画像加工して思い通りに写真を配置した画像を作ります。
それをページ全面に配置するテンプレートを使って配置させます。

10317555_647464602010422_957327580085657917_o

これはあらかじめ12枚の写真を好きに配置させて、1枚の画像としています。
(ちなみに、これはPhotobackのFOLIOです)
ちょうど上部にタイトルが入るテンプレートだったので、その部分は白い背景にしています。
こうすることで、どんな配置でも思いのままですし、文字もあらかじめ画像に入れておけば好きな位置に文字を入れることも可能です。

この時、注意が一つ!
写真や画像に詳しい方は当たり前だ!って思われるかも知れませんが(笑)、画像にはサイズの他に解像度という概念があります。
わかりにくいですが、サイズは正味の大きさで解像度は細かさだと思えば良いと思います。

印刷する場合は、この解像度が最低でも240dpi、欲を言えば350dpiくらいあった方が良いです。(画面で見る一般的な解像度は72dpiです)
ですので、画像加工する場合はこの点に注意して作ってください。
解像度が低いとモヤモヤっとした状態で印刷されちゃいますし、画面では気づきにくいのですが、噂によると解像度が低い場合は作成時に警告が出るらしいです。

 

ぜひギャラリーにて!

今回制作したフォトブックですが、例年の子供用のとは別に、もう1冊作りました。
実は某所からクーポンがもらえたというのもあるんですが、写真展でギャラリーに置いては?という川口さんからのアドバイスがあって実現しました。

10339267_647464605343755_5786200955408115416_o

私以外でもフォトブックを置いている参加者がいると思いますので、ご興味のある方は是非お手に取ってご覧ください~
写真展に来られない方でも、今回作成したフォトブックの公開もしていますので、こちら

http://www.photoback.jp/Stage/Photoback/PBER-2337551405070106110

から見ることもできます~

 

おまけ

奇遇にもフォトブックの到着と時を同じくして我が家に荷物が届きました。

10333664_647464548677094_4184491748353290995_o

やった~~~!一番乗りでしょうか!?
写真展用の作品が完成しました!!!
今回、初の写真展ということで嫁の協力で、少しだけ奮発しました!
フォトアクリルという加工なんですが、浮かび上がるような立体感、私の写真はさておき(笑)、フォトアクリルの凄さを、ぜひぜひ、ギャラリーで見て頂けたらと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)